腰が抜けたストリームラインをしていない?

皆さんはストリームライン(けのび)を組む時に、どこを意識していますか?

肩甲骨?

肩?

お腹?

もちろん大切。

意識せねばなりません。

 

ところが、せっかく意識できているのに、もう1カ所大切なところを意識できていないがために

腰の反ったストリームライン=腰抜けストリームラインになっている人がいます。

腰抜けストリームライン

腰抜けのストリームラインとはこんな感じ。

腰が反っていますよね。

お腹や肩甲骨、肩は意識しているのに、なぜか腰が反ってしまう。

必死でお腹をへっこめようとするけれど、どうしても反った腰がまっすぐにならない。

そんなジレンマを抱えたスイマーは地球上にたくさんいると思います。

 

解決する策は1つ。

このブログでいつも言っている、「おしり(殿筋群)」を締めること。

殿筋群は背骨の土台になる部分。

殿筋群が締まって、骨盤が締まれば、骨盤がフラットからやや後傾になり、腰がまっすぐになります。

腰抜けストリームラインは水の抵抗どうこうって話でもありますが、

殿筋が機能しないまま泳いでいると腰痛の原因にもなるので、注意して欲しいのです。

腰抜けの状態では、常に腰部脊柱に圧迫ストレスがかかるので。

特にビート板キックの時などは要注意。

関連記事は一番最後にURLを貼っておきますね!

肩をすくめすぎない。挙げるのは肩甲骨

ストリームラインを組む時に、水の抵抗を小さくしようとするがあまり、逆に抵抗を増やしてしまうことがあります。

腕と耳の隙間を小さくしようとしすぎてしまうことで起こります。

後頭部を完全に収納してしまうような感じですね。

確かに進行方向からの抵抗は減るのですが、後頭部の方がデコボコして変に水流ができてしまいます。

無理にしまい込もうとしなくてもOKです。

腕は耳の横くらいでかまいません。

 

しかも、この状態でお尻を意識せず、体を絞ろう絞ろうと意識すると、さらに腰が反ってしまいます。

ストリームラインを組む時、肩甲骨は寄せますが、肩まで寄せようとしなくてOKです。

そして、肩ではなく肩甲骨と鎖骨を上げるイメージ。

これで自然な形でのストリームラインが取りやすくなりますし、体の動きを邪魔せず力強いドルフィンキックが打てます。

「腹筋を意識」という言葉の曖昧さ回避

ストリームラインでは、「腹筋に力を入れる」と言われがちですが、、、、。

これでは曖昧過ぎて解釈がたくさんあります。

ツッコミどころとしては、

1.腹筋という筋肉は無い

2.腹筋群と仮定して、腹筋群のどの筋肉かによって働きが違う

3.力を入れる とはどんな力の入れ方?筋肉によって違う

 

まず、ストリームラインで使うお腹周りの筋肉のメインは腹横筋。

腹部にコルセットのように巻き付いている筋肉です。

腹横筋の働きは、内臓の圧迫と、腹部の緊張です。

簡単に言うと、おへそを引っ込める動き。

ウエスト測定でサバを読む働きです。

他にも、腹式呼吸で息を吐ききる時に使う筋肉です。

 

つまり、ストリームラインでは腹横筋を機能させる必要があります。

力の入れ方としては、上記2つが馴染みやすいかなと思います。

もちろん、6パックで有名な腹直筋や、斜めに走る内・外腹斜筋も全く使わないというわけではありません。

ですが、あくまでもメインは腹横筋です。

 

もし、「腹筋に力を入れる」と言うだけで誤解を招き、腹直筋に力を入れるとどうなるか。

腹直筋は「いわゆる腹筋運動」に代表されるように、背骨を曲げる働きを持っています。

それでストリームラインを組むとどうなるか。

もうお分かりですね、くの字に曲がったストリームラインの完成です。

最後に

僕は体のことを勉強し始めたのが大学生になった時からです。

高校生の時も自学で多少は学んでいましたが、大学生の時ほどがっつりやる暇もエネルギーもありませんでした。

僕もストリームラインでどう頑張っても腰が抜けてしまう高校生スイマーの1人でした。

なかなか「おしり」について指摘してくれる人は周りにいませんでした。

チームメイトの速い子は、自然とそれができているようで、自分でもどうやっているのか分かっていない様子(笑)

 

大学生になり、トレーナー/コーチとして働くようになり、勉強と経験を重ねるうちに

いつの間にか「おしり」は普通の事になっていました。

誰でも最初は分からないことがあって当然。

やっぱり体を使って楽しむのがスポーツ。

たくさん体を動かすことも大切ですが、少し立ち止まって

「自分の体はいったいどんな構造なんだ」と考えてみる時間があっても良いかもしれませんね。

逆に効率が上がるかも。

 

関連記事

水泳選手が腰椎分離症を予防するために【フォームや練習内容など】

【水泳】ビート板を使ったキック練習で気を付けること

 

スポンサードリンク
名前をクリックでレビューがご覧になれます。

Links

こちらのクリニックでトレーナーをしています

レッスンでの取り組み姿勢 最近の記事