【水泳】ビート板を使ったキック練習で気を付けること

初心者スイマーも上級者スイマーも、水泳をする人ならみんなが使うビート板。ビート板と言えば主にキック練習に使うと思いますが、その練習、本当に泳ぎの上達に一役買っているでしょうか?今回はビート板を使ってキック練習で気を付けるべきことについてご紹介したいと思います。

ビート板のキック練習で何を強化したいのか考える

Yusan
ビート板でキック練習してるけど、何のためにしてるの?

そりゃもちろんキック力の強化やけど? 

Yusan
キック力の強化って具体的に?

具体的にと言われても… 

 

「キック力の強化」のためにやる事と言えばなんでしょうか。

キック力の強化には大きく分けて2つ要素があります。

①キックの蹴り方を上達させること

②脚力を強くすること

もちろんビート板練習ではどちらも強化することができます。

そうそう、それが言いたかった! 

Yusan
ほんまかいな…。まぁいいや、じゃあいつも顔上げでビート板キックをしてるけど、それはどうして?

どうしてって言われても…。そういうもんじゃないの?みんなそうしてるし…。 

Yusan
…。

 

皆さんはどうですか?

顔を上げてキック練習していますか?

今回の論点の1つはここです。

 

Yusan
じゃあさ、その姿勢で泳ぐ、もしくは泳ぎでその姿勢になるときってある? 頭がそんなに上がったままクロール泳いでる?そんな姿勢でドルフィンキック打ってる?

泳いでない…!そうか…そういうことか! 

「ビート板キック」が速くなりたいのであれば、文句は言いません。

それに、もちろん意味を持った練習の一環なら良いと思いますが、そうではなくルーティン的に行う練習ではどうなのって思います。

基本的にはクロールや平泳ぎ、バタフライの泳ぎを上達させるため、もしくは速くなるためにビート板キックをしているはずです。

なのに泳ぎの中でこの姿勢になることってほぼ無いじゃないですか?

 

そんな姿勢と状況でキックをうつってどうなんでしょうか。

頭の位置は背骨を介して姿勢全体に影響を与えます。

関係無いようで関係あります。

強化したいのは実際の泳ぎに近い状態でのキックであって、泳ぎで取らない姿勢を取っている時のキックではないはずです。

キックの蹴り方を練習するにしても、そもそもの土台になる姿勢が違うので、キックの動きも違ったものになります。

股関節単独のうごきであれば大差ないのかもしれませんが、スポーツの動きって全身で1つですから。

 

もし単純に脚力を強化したいのであれば、顔を上げていようが構いません。

でも、その脚力を泳ぎに使いたければ、また改めて姿勢を変えてキックをせねばならず、効率的とは言えません。

それなら最初から顔を水に付けて、ストリームラインに近い姿勢(泳ぎに近い姿勢)でキック練習をした方が良くないでしょうか?

息がしんどいので心肺的にも強化しやすいですし、何かと手っ取り早い。

なんならビート板無しのキックで良くね…。これ初心者とか上級者関係なく。

 

それに、ビート板キックは特に腰への負担がかかることもあるので、注意が必要です。

水泳選手が腰椎分離症を予防するために【フォームや練習内容など】

それでも…それでもビート板キックがしたいんだ!!

それでも…それでもビート板キックがしたいんだ!! 

Yusan
まぁ気持ちはわかる。

 

ではビート板キックをどうしてもしたいといった場合の注意点というか、僕なりの提案をしたいと思います。

顔を水につけて行うこと

顔を水につけることで実際の泳ぎで使う姿勢に近づけます。

頭が上がっていないので、泳ぎで必要な姿勢づくりが行いやすくなります。

初心者などで息継ぎが難しい場合にも手先に浮力があって沈まないので、そういった意味では活用できます。

選手クラスなどの練習であれば、シュノーケルの利用オススメです。

できるだけ小さいもので行う

手先に浮力がある状態って、実際の泳ぎではあまりないと思うんですよ。

なので、初心者の場合も慣れてきたらできるだけ小さめのビート板を使うのがおすすめです。

 

最後に

以上、水泳をする初心者にも上級者にもビート板キックで気を付けてもらいたいことでした!

今回の内容は1つの意見です。

気を悪くしないでください。

Yusan
水泳の個別指導レッスンの詳細は下記から

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

Instagram

スイムやトレーニングの様子、家でもできる運動等を発信しています。

Links

こちらのクリニックでトレーナーをしています

こちらの療育施設でスタッフをしています

お世話になっている鍼灸院

レッスンでの取り組み姿勢 最近の記事