水泳初心者さんへの指導哲学的なところ「最初はとりあえず25mで良い」

ブログではノウハウもたくさん綴ってきましたが、指導者として何が大切かと考えたときに、技術的なところだけでなく、指導哲学的なところも同じくらい大切と思いました。なので、ブログではそれも語っていけたらなと思います。今回は特に初心者の方、お子様へ指導させていただくときの想いです。

人は結局のところ心が先

人の行動の原動力は結局のところ心です。

鬼滅の刃みたいなこと言ってるけど、冗談抜きでそうです。

 

「上手くなりたい」

「楽しい」

「嬉しい」

「もっとやりたい」

そういったなんらかの感情で心が動かないことには、どれだけ環境を与えられても人は頑張りません。

もちろん「やらなければいけない」という義務感も感情の1つではあります。

でも、「やらなければいけない」が最初にあって水泳をして欲しくはないし、

原動力が義務感では上達する上限もたかが知れています。

それに、我々としても最終的にはレッスンを通じて「自発的に頑張る力」とか「自分で考える力」をつけて欲しいと思っています。

 

そうなってもらうために「楽しい」などの感情を引き出すべくどんなことをしているのか。

正しいは後!まずは成功体験

正しい泳ぎが何かと聞かれると、甚だ疑問です。

スピード?綺麗さ?効率の良さ?

それって意外と脆弱な概念。

美しい泳ぎの基準だって長期的に見ればトレンドがあるし、

世界記録はすぐに更新される。

だからそこにこだわりすぎて、「べき」を押し付けるのは良くない。

(まあ、ある程度一般的な基準で「綺麗」になるように指導はしていますけれど)

 

とにかく、そんな「正しい」と言われることよりもまず優先していることがあります。

正しいも大事ですけどね!!

 

それが「成功体験」です。

泳げない状態の時=できないことがある状態の時って

漠然とした不安や、見通しの見えない不安を持っています。

一方で、自信がありません。

 

もちろんレッスンは楽しいかもしれないけれど、その状態では水泳そのものに対する本当の意味での「楽しさ」みたいなのは見出しにくいと思うんです。

じゃあ、そんな楽しさをどうやったら引き出せるかと考えた時、

 

「やっぱり成功体験だ!!!」

 

となったわけです。

小さくてもいい、ぎこちない泳ぎでもいい、他人から見たら溺れているように見えてもいい。

まずなんでもいいから本人なりに成功体験を積んで欲しいんです。

それがあれば「嬉しい」「もっと」と思える。

「嬉しい」「もっと」と思えるから、練習を頑張れる。

精力的に取り組める、アドバイスも入りやすい。

 

これ、通常の水泳指導とは逆をいっていると思います。

まずは目指そう25m

通常であれば順序がしっかりしています。

我々の指導もある程度の順序は大切にしています。

でも、どちらかというと本人さんの意思に任せるところも大きいですし、たとえぎこちなくてもいける時はどんどんいってもらいます。

その最たる例が、「まずは25m」です。

 

25mを泳ぐって初心者の時は1つ大きなハードルになります。

ですが、自分たちとしてはそこに大きなハードルを感じずにん取り組んでもらいたい。

まずはどんな形でも良いので泳ぎ切ってもらい、成功体験を積んでもらいます。

まだまだクロールが難しい段階で、ビート板キックの練習中、なかなか進まない段階であっても25m頑張ってもらう時があります。

息継ぎのクロールに取り組み始めて、まだまだぎこちなく、不安定な泳ぎの時であってもなんとか足をつかずにまずは25m泳いでもらいます。

そしてめっちゃ褒めます。

そうすることで成功体験も積めますし、25m泳ぐということの見通し、もっとうまく泳いでみたいというモチベーションにもつながります。

 

もちろんまだ上手ではない段階の25m、始めて泳ぐときは苦難だと思います。

ですが、そこを1度でもクリアしてしまえば見えてくる景色が変わります。

1度できて達成感を味わうと、何度も何度も自分から泳がれます。

そのモードになったら、細かく口出しすることは一旦ストップして、何度も何度も泳いでもらいます。

その自発的な気持ちを大切にしたい。

水を差したくない。

 

ある程度してきてから、細かく指導をします。

そうすると、やっぱり不思議と上達が加速します。

動機づけが外からのものだった状態から、内側(自分自身)に変わる瞬間なんだと思います。

なので、極端な話ですが

まだまだ泳げない小さいお子様が「クロールできた!」と言って、もがいてなんとなく進んでいるだけでも

「そうだね」と言っておきます。

自分から真似して泳ごうとしたその気持ちが素晴らしい。

水泳が楽しいということです。

しっかりしたクロールなんて後でいくらでも教えることができます。

 

お知らせ

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

F.O.R.M.S swim CL Instagram

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

メディア掲載

 

京都と人を繋ぐ秘密基地レンタルスペース運営

 

パーソナルトレーニング詳細ページ

 

 

こちらのクリニックでもトレーナーをしています

 

オリジナルのハンドメイドブランド

 




僕は5G嫌やで

 

愛用のケア用品