水泳にストレッチが必要なもう1つの理由

水泳選手と言えば、ムキムキなのに体が柔らかい!子どもの頃からしていると体が柔らかくなるというイメージがあると思います。そのために、選手だったらたくさんストレッチをするし、大切なのは重々承知!でも、どうして大切なんだろう?って考えた時に、、「体が大きく使えるから」=「可動域の向上」がまずあって、「ケガしないため」も浮かんでくると思います。実は、もう一個あるんですよ(ニヤニヤ)。

 

 


記事の前に、、、最近、めちゃめちゃ好評になってきた公式LINEはこちら。

既に150名が登録中!

スイマーや保護者、指導者に役立つマインドを発信中。


 

結論から言うと「運動神経」が良くなる

「運動神経が無い」「運動神経が悪い」とよく言いますが、実際の運動神経は脳から全身に、全員張り巡らされているので、安心してください。

あります。

「無い」「悪い」は疾患や怪我で運動神経が切れてしまったり、動かなくなってしまっている状態です。

 

特にそういうのがなければ、ちゃんと有るんです。

 

俗に言う「運動神経が無い」というのは、

「運動神経を介した体のコントロールが未熟」と捉えられます。

 

脳からの刺激を思い通り体に伝えること、

反対に、体の状態を的確に脳へ伝えること。

 

この2つができていれば、いわゆる「運動神経が良い人」に近づきます。

水泳も究極的には体の操作なんです。

体を的確に扱い、思い通りの動き、タイミング、力加減をすることで理想の泳ぎができます。

言い換えれば、体のコントロールが未熟であれば、コーチに習っても上手くなりません。

ちなみに良いコーチというのは、この操作性を引き出すのが上手いです。

 

では、そんな身体操作がストレッチと何が関係あるの?

 

実は、あるんですよ。

これはあまり広く知られていません。

もうここまで読んだあなたも、この先読むあなたも、かなりレベル高い!笑

実は知られていない、ストレッチの「とある効果」

冒頭にもちょっと書きましたが、ストレッチの効果としては関節の可動域が広がり、体を大きく動かせること。

そして柔軟性の高まりと共にケガのリスクが下がること。

 

そして、それだけなく

ここまで言ってきた「身体操作性」が向上することが考えられます。

 

どういうことか?!

 

ストレッチをすると筋肉が伸ばされます。

これはわかりますよね。

ポイントはここから。

 

筋肉を動かすこと「伸ばすことはもちろん)で固有受容覚が刺激されます。

固有受容覚とは何か

超簡単に言います。

 

筋肉を動かしている感覚です。

この感覚が鋭ければ鋭いほどに動きが精密にコントロールしやすくなるというのは、なんとなく理解できると思います。

「運動神経が良い」の正体はこの感覚の鋭さと言っても過言ではないかもです。

 

ストレッチがこの感覚の向上に一役かってくれます。

大きく伸ばす、ダイナミックストレッチであれば大きく動かす。

さらに、お手本通りにストレッチをしようと試みる。

すると、脳と全身の筋肉からの双方向的な情報交換で、この感覚が磨かれていきます。

 

PNFと呼ばれる、筋肉の弛緩と収縮を繰り返す方法もありますが、これは専門家に教えてもらう方が良いのでここでは割愛。

 

水泳の上達にストレッチは必須だけど

バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロール。

どの泳ぎにも大きな可動域を出せることは大切になってきます。

より遠くの水を力強く、たくさんかくことができる方が有利。

よくしなる足首でキックを打てる方が明らかに有利。

 

さらにそれだけではなく、日々ストレッチを通じて自分の体を「知る」機会を設けている選手の方が、

体の操作が上手くて上達が早い。

体の操作が上手なことも、ケガのリスク軽減に繋がります。

無茶な動きをしないで済むからです。

 

さてさて、ストレッチ、したくなってきましたか?

 

一番伝えたいのは、身体操作

今回はストレッチで書いていますが、一番伝えたいのは何よりも身体操作。

水泳でとことん体と向き合えれば良いですが、それはなかなか難しい。

本来であれば、様々な運動を取り入れていく中で感覚を磨いてほしい。

そう心から思っています。

 

ということもございまして、

今度こんなイベントをしています。

ご参加の方はインスタグラムのDMまたは、

LINE公式にご連絡ください!

 


記事の前に、、、最近、めちゃめちゃ好評になってきた公式LINEはこちら。

既に150名が登録中!

スイマーや保護者、指導者に役立つマインドを発信中。

 

お知らせ

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

F.O.R.M.S swim CL Instagram

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

メディア掲載

 

京都と人を繋ぐ秘密基地レンタルスペース運営

 

パーソナルトレーニング詳細ページ

 

 

こちらのクリニックでもトレーナーをしています




僕は5G嫌やで

 

愛用のケア用品