反り腰さんが弱りがちな筋肉・硬くなりやすい筋肉

オンラインパーソナルトレーニングでも姿勢の改善依頼が多くなってきました。

オンライントレーニングはこんな感じの場所で行っています。

詳細→https://yu3trn.com/online-personal-training/


以前は猫背について書きましたので、今回は反り腰についても言及しておこうと思います。

改善するためのポイントは、弱いところを強化し、硬い所をほぐしてあげることです。

 

人間の骨と筋肉からできる立位姿勢はバランスから成立しています。

どこかの筋肉が過度に弱っていたり、硬くなっていたりすると、そのバランスが崩れてしまいます。

元々は良い姿勢で立てるようにできているものですが、長年のクセや生活習慣の乱れによってバランスが崩れます。

反り腰のデメリット

反り腰の特徴として、骨盤が前傾気味なことと腰椎のカーブが過度なことが挙げられます。

立位時、人間の背骨は緩やかなS字カーブになっています。

骨盤は普段前傾も後傾もせず、ニュートラルな状態で存在します。

さまざまな運動に応じて背骨と骨盤は状態を変えますが、立位時から本来と外れた状態にあると体のどこかに負担が来ます。

 

反り腰で最も悩まれやすいことの1つが腰痛ではないかと思います。

人間の頭部は5~6kgあります。

これは首の上にボーリング球を乗せているようなものです。

正常な緩いS字カーブだからこそ、重いものを乗せて立とうとも衝撃に耐えることができます。

さらに、私たちは常に重力を受けながら活動しています。

歩いたり、走ったり、その他運動をする時には常に体に衝撃がかかっています。

ところが、反り腰さんではS字が崩れているので、衝撃に耐えるシステムに弱さがあります。

すると腰に負担が来ます。

人によっては別の部位に来ることもあります。

 

また、人間の体は全身が繋がっているので、姿勢に問題があると腕脚の動きが悪かったり、力を強く出せなかったりします。

筋トレやスポーツをする人にとって、姿勢の改善はかなり優先度の高いものとなります。

反り腰で弱りやすい筋肉

「反り腰」という言葉から何となくイメージできる通り、まずは「腰を反らせない筋肉たち」が弱りやすいです。

腰を反らせないためには、お尻、お腹の筋肉を使って前傾しがちな骨盤を立てる必要があります。

お腹、お尻で弱りやすい筋肉は下記の通りです。

 

・おへそを引き込む時に使う腹横筋

・腰椎を屈曲させる時に使う腹直筋、腹斜筋

・骨盤を締め、ニュートラルな位置に保持する骨盤底筋群、殿筋群

トレーニング方法

骨盤の動きを養う種目で腰を反らさず丸める力の入れ方を確認します。

これは結構おすすめです。

他にも、お尻を締め、お腹を引き込むことを最大限重視してプランク。

お尻の筋肉を鍛えるための種目も効果的。

 

View this post on Instagram

 

お尻のトレーニング。 いつもはお尻の穴を締めろ(骨盤底筋群)と口うるさく言っていますが、今回は外側の大きな筋肉(臀筋群)。 ・ パーソナルトレーニングは京都市営地下鉄松ヶ崎駅から徒歩1分のしげまりこ皮膚科クリニックでおこなっています。 腰痛などの予防、姿勢改善、ダイエット、水泳のパフォーマンス向上まで幅広く対応しています。 ・ クリニックURL⬇︎ https://marikoclinic.com/training/ 新しいトレーニングが加わりましたってとこにいます! ・ HP・ブログ⬇︎ https://yu3trn.com 水泳の個別レッスンはこちら ・ #姿勢改善 #パーソナルトレーニング京都 #お尻 #姿勢 #体幹トレーニング #松ヶ崎 #北山 #自重トレーニング

A post shared by 尾崎優作 (@yu3tr) on

 

他にも下半身のハムストリングスなどの筋肉も弱りやすい場合があります。

姿勢が悪いがゆえに、腰でハムストリングスの動きを代償しがちなためです。

ですが、まずはコアになるお尻とお腹の意識を改善していくことが先かと思います。

ハムストリングスを狙っても、腰で代償しがちなので。

反り腰で硬くなりやすい筋肉

反り腰で硬くなりやすいのは、背中に着いている広背筋や、腰回りの脊柱起立筋群、そして太ももの前側にある大腿四頭筋、場合によっては腸腰筋などです。

常に背中が寄った状態と骨盤が前傾して股関節がやや屈曲した状態が続くので、これらの筋肉が硬くなりがちです。

逆を言えば、強く力を出している、頼っているという人もいます。

 

ストレッチ方法

これらの筋肉を伸ばすにあたって重要になることは、腰の代償動作を少なくすることです。

・お尻を締めながら行う

・腰が大きく反っていないか鏡などで確認しながら行う

 

腰を常に丸める意識で、腰回りを伸ばします。

お尻を踵につけていくようなイメージです。

お腹を引き込み、お尻を締める意識を抜きません。

ストレッチは、伸ばす筋肉と反対の作用をもつ筋肉を締めることで、伸ばしやすくなります。

 

このストレッチは片手でもできます。

この場合は広背筋がより伸ばしやすくなります。

手を少し内側に置きます。

 

太ももの前側を伸ばすストレッチです。

大きく動けばよいのではなく、お尻を締め、お腹を引き込んで自分が最大限動ける範囲でOKです。

ふとももの付け根あたりから伸びている感じがあればOKです!

 

正面から見るとこんな感じです。

改善には日々の継続

ここで紹介した種目は一部ですが、継続していただくことで効果が出てきます。

特に、お尻、お腹の意識を覚えて日常的に気を付けることで、最初は少ししんどいかもしれませんが、その姿勢がデフォルトになっていきます。

 

こちら、オンラインパーソナルトレーニングを受講して下さった方の変化です。

姿勢が変わるとこんなに変わります!

トレーニングで覚えた体の意識と、家でもできるエクササイズを実践して下さっています!

 

View this post on Instagram

 

オンラインパーソナルトレーニングでのクライアント様の変化。 30分を2回受講と、お伝えした身体の意識、簡単なエクササイズを1週間ほど実施。 ・ 反り腰がきつかったのですが、ここまで改善。 少しずつ骨盤なども自由に動かせるようになってきたとのこと! ・ 姿勢が変わると印象が大きく変わりますね✨ お見事です! ・ 【オンラインのメリット】 敷居の高いパーソナルを安価で受けることができる。 初対面の方でも緊張しない。 通う必要がない。 画面共有で詳しい解説も聞ける。 いつでも無料無制限で質問や相談ができる。 ・ 【概要】 姿勢改善からダイエット、スイマーの方、ホームトレーニーの方 まで対応できます。 ・ 【時間、場所】 お家でPC、タブレット、スマホ1つで。時間は相談のうえ決定。 ・ 【料金】 1回 30分 2500円 60分 4000円 2人以上: 1名様につき1回 30分 2000円 60分 3000円 ・ #オンラインパーソナル #オンラインパーソナルトレーニング #反り腰 #姿勢改善 #姿勢 #反り腰改善 #パーソナルトレーニング #

A post shared by 尾崎優作 (@yu3tr) on

 

スポンサードリンク
名前をクリックでレビューがご覧になれます。

Links

こちらのクリニックでトレーナーをしています

レッスンでの取り組み姿勢 最近の記事