平泳ぎを速く泳ぐには、前回転のイメージが必要!

「平泳ぎのタイムが伸びない!」「プルが苦手!」なそこのあなた!この記事を読むことで、明日からどんな意識で平泳ぎのストロークを考えて、練習していけば良いかがわかります!結論を言うと、前回転です。

 


本題の前に…..

無料配布中の「伸び悩み脱出ガイドブック」はもうダウンロードしましたか??

 

 

 

 

 


 

平泳ぎのプルを後ろにひきすぎると?

はやし
はやし
まずは良くない例から考えよう!

グッと体の後ろの方まで腕を引いてくるイメージの平泳ぎはしていませんか?

もちろん平泳ぎを習いたての時はそれで大丈夫なのですが、もっと速く泳ごう!タイムを縮めよう!と思った時にはナンセンスです。

体がのけぞりやすくなって水の抵抗が大きくなりますし、前でキャッチしてきた水も逃しやすくなります。

 

また、どの泳法もそうなのですが、「腕を引いてくる」というイメージだと「体を乗せていく」ということができなくなります。

水泳は基本的に「水をかく」も大切なのですが、それと同じくらいに水に手や腕を引っ掛けて、

そこに体を乗せていくようなイメージが必要です。

 

もちろんレッスンではその感覚を養えるようなドリル練習も取り入れることがあります。

平泳ぎの手のポイントは「ねじ込んで前で処理」

おざき
おざき
じゃあどうすれば良いのって話をしていきます。

 

あらかじめ誤解しないようにいてほしいのですが、

実際の動きと「こういう感じで動く」には差があります。

 

今回の場合であれば、まず前に伸ばしていく平泳ぎの手は、ただ真っ直ぐに伸ばすわけではありません。

 

まずは、手を合わせるか近い部分で抵抗を少なくして伸びていきますね。

この後、伸びながらキャッチに移行していくのですが、

外側かつ前方にねじ込むように伸びていきます。

ぱっと見はまっすぐ伸ばして、そこからキャッチに直線的に移動したんだなあというふうに見えます。

 

なぜねじ込むのかと言いますと、手からねじ込むイメージ(特に小指側)を持つことで肩甲骨が前に大きく動かしやすくなります。

しっかり肩甲骨が開けるイメージですね。

そしてそのねじ込んだものを瞬間的にフッと脱力すれば、力みなくまず水をキャッチすることができます。

 

この時もできるだけ前でキャッチ。

 

そしてここから水を体の方にかきこみ、体は前方に乗せていくわけですが。

腕、手の動きとしては体の前で肘と肘を近づけていくようなイメージで、

体の前で処理するようなイメージで行います。

 

ちょうど、肘で内回しにクルンと円を描くようなイメージですね。

上手い人の平泳ぎを横から見ると肩甲骨が前回転している

これができてくると、平泳ぎの見た目にとある変化が出ます。

それが、横から見た時に肩(肩甲骨)が前回転しているように見える。

 

例えばピーティー選手のこの画像とかもそうかな。

 

懐かしのホッスーも

 

実際に解剖学的に「前回転」みたいな名前の動きはありませんが、

速い選手を見ると分かるのですが、体の前で方が回っているような感じ。

遅い選手の場合は一旦体の後ろに回ってそこから前に回っていく感じです。

 

東京オリンピックの100m平泳ぎのYouTube貼っておきますね。

https://www.youtube.com/watch?v=fhRPhChywfU&t=306s

 

ちょっと専門的な話をすると、肩甲骨は体の丸みにそって少し前に傾いてついています。

それもあって前回転できるとスムーズに体が動きます。

前で前で回転していけるので、体もぐいぐいと前にのせやすくなります。

 

前のストロークの勢いをキャッチに繋げる

これも平泳ぎに限らず言えることなのですが、1ストロークごとやキャッチ、プルプッシュ、リカバリーのように局面ごとに分けて考えすぎない方が良いです。

 

前のストローク、前の局面から全て繋がった一連の動きです。

平泳ぎでも、前に伸びた勢いをキャッチに繋げていきます、

手だけで水をキャッチしようとすると、上手くいきません。

 

そんなお話は前にもブログに書きましたね!

クロールで解説していますが、全ての基本なので是非こちらからご覧ください。

 

今回はこんな感じです!

いつも最後まで読んでくださってありがとうございます!

読んだだけじゃわからない!

という方は、スイムレッスンやオンライントレーニングにぜひ!!!

 

今回の内容はオンライントレーニングでも十分にお伝えできます!

 

F.O.R.M.Sスイムクリニックでは、水泳の伸び悩みを解消するための様々なコンテンツやサービスを展開しています。

 

①LINE公式アカウント(無料!)

登録者数200人超え!(2022年9月現在)

ブログとはまた違う「速くなるための考え方」に特化した内容を不定期配信中!

LINEについて詳しくはこちら

②インスタグラム(無料!)

フォロワー数増加中!

身体操作トレーニング様子や、ブログとはまた違った速くなるための情報を配信中!

不定期で有料級インスタライブなども実施中!

フォローはこちらから!

 

③スイムレッスン

泳ぎのフォーム指導に特化したスイムレッスンを実施中。

現在人気のため、ご予約が取りにくくなっていますので、お早めに!

 

④泳ぎに必要な根本を変える、身体操作トレーニング

オンラインもオフラインも受け付けています!

もうね、、、、そもそも論の極みです。

どんな良いフォーム指導を受けても、その通り動く体じゃなければ、、、、。

百聞は一見に如かず。

とりあえず、読んでみてください。。。

案内ページですが、普通に読むだけで有益です(笑)

 

⑤水泳コミュニティ「スイトモ」

Kids Core Academy の指導歴20年の水泳仙人伊藤コーチと共同で

 

業界初のプロジェクト!

 

「選手と保護者(と指導者)で創るオンライン水泳チーム」

(もちろんオフラインイベントもあり)

 

全国のスイマーと保護者が繋がり、

既存のトップダウンな指導やオンラインサロンとは異なり、

選手からのリクエストや、選手自身がアウトプットする場を何よりも大切にします!!

 

上達を加速させ、モチベーションを維持するかつてない環境を破格の値段で用意します。

月数回のオンラインでの水泳講義やグループトレーニング、アウトプット会、限定チャット、限定練習会などのコンテンツを用意しています。

さらなる詳細情報は特設HPをチェックしてくださいね!

特設サイトはこちらから!

 

レッスン等のご予約は下記のお問い合わせフォームよりよろしくお願いします!

 

お知らせ

 

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

メディア掲載

 

 

パーソナルトレーニング詳細ページ

 

 




無料配布中!

レッスン・パーソナルトレーニングに
今すぐ申し込む・相談する
レッスン・パーソナルトレーニングに
今すぐ申し込む・相談する