【水泳】難しいなら一旦分けてみよう

泳ぎの練習をする中で、「難しいなあ」と思うことはよくあります。教えている時もそうです。「難しそうだなあ」って。そんな時にどうすれば良いか。もちろん繰り返しトライすることは大切です。でも、それだとどうにもいかない時、最もシンプルな「一旦分ける」という方法をとることも良いかもしれません。1つ1つの動作を順に確認してみてください。

 

水泳は一度にあれもこれもする

なぜ、難しいのか。

それは、水泳に限らずかもしれませんが、スポーツというのは同時にあれもこれもしないといけないからです。

バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロール。

どの泳ぎでも、腕で水をかき、脚でキックを打ち、息継ぎをして、、、という感じで。

大忙しですよ。

 

あれもこれもしないといけないのに、新しくまた何か意識するだなんて、、、。

もしくは、今習っていることを同時にやらねばならないなんて、、、、!

 

僕も器用な人ではないので、めっちゃ気持ちがわかります。

こういう気持ちが理解できるという点では、めっちゃすごい競技成績とかを持ってなくて良かったなと思っています。

指導というのには、共感する力も大切ですから。

 

まず分けよう。

息継ぎが上手くいかないなら、息継ぎだけをまず練習してみよう。

具体的な指導例

具体的な指導の例を紹介すると分かりやすいと思うので、書いておきます。

 

クイックターン。

これもまた、回りながら、息を吐いて、壁に足をつけて、蹴ってと大変です。

回ったは良いけど息を吐くのを忘れて水が鼻に入ってきたとか、初心の頃にはツラい、、、。

どうしたものかと考えたわけですよ。

要素を減らさないとなあ。

 

よし、それなら鼻栓つけてもらおう。

 

というわけで、まずは鼻栓をつけて回転する動きの練習をひたすら行いました。

ひたすらと言っても数回ですけど(笑)

回転の練習方法についてはここでは書きませんよ。

話がそれますから。

 

回転することが上手くできてきたなと思った段階で、鼻栓を外してもらいました。

ここで初めて、「息を吐く」という要素を追加。

回ることに慣れているので、「息を吐く」ための余裕ができます。

はい、成功。

ホントに。

1回成功してしまえばあとは早いです。

もう何度も繰り返すだけです。

その中で当然、失敗はあります。

失敗したらまた「回転だけ」に戻ってやってみる。

もしくは、鼻から息を吐いて「ブクブク」の意識づけをする。

そして、また統合して回ってみる。

はじめはそれで習ったはず

これ、上級者にでも言えることです。

みんなはじめはこれで習ったと思うんです。

キックの練習して、息継ぎの練習して、手の練習をして、、、、。

ちょっとずつ統合していって。

 

意外とシンプルなんだよなあ。

難しいけどさ。

 

なんか上手くいかなくて行き詰まっていることがあるなら、試してみてください。

 

お知らせ

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

F.O.R.M.S swim CL Instagram

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

こちらのクリニックでトレーナーをしています

オリジナルのハンドメイドブランド




僕は5G嫌やで

 

愛用のケア用品