どのサプリメントが効く?以前の問題として

今回お話ししていく内容は、サプリメントについて。「どんなサプリメントが良いですか?」という問い以前の問題の話。サプリメントに頼ろうとしている時点で栄養摂取に何かしらの問題があるかもしれないと思った方が良いということを言いたいです(笑)

 

サプリメントに頼った体作りってことは、

サプリメント会社の倒産とともに崩れ落ちる脆弱な体つくりってことなんですよねえ。

 

サプリメントは補助。なかった時代の人は全員不健康?

最初からサプリメントありきで食事を考えたり、アドバイスしたり。

否定はしないですが、僕はおすすめしないかな。

だって、それだと今飲んでいるサプリメント会社が無くなったら健康やパフォーマンスを維持できないということ。

 

サプリメント=補助 という意味です。

あくまで補助であって、栄養を考えるときの主力に持ってくるようなものではないです。

市場の拡大とともにサプリメントは、多くの人の栄養を支えるもの(効いているかは不明)になりました。

しかし、人類が誕生してからほとんど99.9%の時代はサプリメント無しで生活しています。

では、彼らは不健康だったでしょうか?

 

確かに今ほどの衛生・医療環境がなかったので、感染症や飢餓などで命を落とす人は多かったようです。

特に赤ちゃんのうちに亡くなってしまう人が今より多く、戦争も多かったので、平均寿命は今より短いです。

 

でも、大人になってしまえば現代病と言われる慢性疾患の人は少なかった。

さらには今ほどの栄養摂取の選択肢がないにも関わらず多くが肉体労働で非常に元気に力強く体を動かしていました。

原始人の肉体は今のトップアスリートと変わらないと言われていますし、

江戸末期の力士の写真もすごく立派な体をされています。

日本の農家のおばちゃんたちも、現代人ではありえないような重さの米俵を背負っている写真が残っていたりします。

 

もちろんサプリメントなんて無い時代。

今よりも粗食な時代。

 

ここからわかることが2つあります。

 

サプリメント市場の拡大とともに販売者側は「この栄養素が足りない」「この栄養素が必要」と過剰に言って消費を煽ります。

それに乗せられる必要は無いのです。

人間、そこまでたくさんあれもこれもプラスしようと思わなくても大丈夫です。

品目など限りなく少ない時代でも人は元気に生きていました。

サプリメントの効果を謳う根拠はとても脆弱

サプリメントの効果という観点から見ても、やはり効果がはっきりしているものとそうではないものの差も大きいようです。

特に、劇的な効果とか斬新な効果が謳われているものは結構効いてないのが多いです。

 

だって売らないといけないから、大きく見せますよね。

僕のインスタグラムでもまとめてます。

 

明らかに効いているのって、ビタミンCとかプロテインぐらい(笑)

それでも、そのサプリメントにお金払うなら良質な食材に投資したほうが良い。

 

サプリメントでも食事でも栄養だから一緒でしょ?

と言われるかもしれませんが、

 

食事ってただの栄養摂取ではありません。

味わう、噛む、匂いをかぐ、見る、音を聞く、感謝する、

それだけでも人間はホルモン分泌が変わるので、生理学的な反応も変わってきます。

 

でも、野菜とかも農薬がどうとか魚も重金属がどうとかって普段言ってるじゃないか!

って言われそう。

だから良質な食材を選べば良い話。

はっきり言ってしまうと、栄養価の低い大手チェーンのスーパーで買った野菜を食べているからサプリメントで補給しなければいけなくなる。

きちんとした土、有機栽培で育てられた野菜でなければ、その野菜本来が持つ栄養は補給できない。

お肉や魚もそう。

劣悪な環境の家畜、養殖魚は栄養価が低いどころか、体にもあまり良くない。

 

サプリメントでは本当に強い体はできない

上記で述べたような観点からもサプリメントに期待をしすぎているうちは、本当に強い身体にはならないと思います。

このブログは基本水泳についてですが、水泳のパフォーマンスの土台として食事による体づくりがあります。

食事も水泳です。

最後に勝敗を分ける根本的な強さは、水泳の技術どうこうの前に体と心の強さ。

サプリメントの使いどきと、おすすめのサプリメント

ここまでサプリメントを散々言ってきましたが、現代人の生物として歪み切った生活において必要に応じてサプリメントの力を借りなければならない場合もあると思います。

そのパターンとお勧めのサプリメントを紹介します。

基本的に、薬局とかで簡単に買えるサプリメントはプロテイン含めて体に良くないので買わないように。

原材料が不明であり、添加物も多いので。

 

マグネシウム

マグネシウムは体の酵素反応の約340種類に関わると言われています。

それくらい体には重要なミネラル。

しかし、現代人はストレス過多、加工食品などの摂取に伴ったマグネシウムの浪費などで不足しがちです。

マグネシウムは摂取してもいいかも、、、、

と書きかけましたが、そんなことしなくても「天然塩」を口に放り込んでおけば解決します(笑)

もしくはニガリ。

 

天然塩のお勧め

↓好きなん選んでちょ

 

ニガリのお勧め

 

ビタミンC

ビタミンCもストレス過多な現代人は消費が激しいです。

なので、マグネシウム同様、摂取しても良いかなと思います。

まあ、ストレス源から逃げたほうが早いですが笑

 

プロテイン(タンパク質)

スポーツってどうしても、競争を煽られ続けるので、他の選手に負けまいとして、体を強くし続ける必要があります。

普通に生きていくだけならそこまで強くしなくてもいいんですけどね。

タンパク質は体を強くする栄養素の代表格。

アスリートとなると、どうしても食事は補いきれないこともあるような内容な。

いや、ええ卵と大豆とほどほどのお肉と魚でいいと思うんですけど、、、。

あえてサプリメントでプロテインを摂るのなら、添加物が少ないものをお勧めします。

飲みやすいって理由で甘味料とか添加物がたくさん入ったものはお勧めしません。

腸を汚して体を弱くします。

本当に勝ちたいなら飲みやすいも飲みにくいもないんですよねえ。

 

僕自身は、ニガリと天然塩くらいしか使わないので、ビタミンCとプロテインに関しては特定の商品を進めることはできません。

成分表とか見たら、「いいかも」とは言えるけど、自分が体感してないので勧めたりはできませんねえ。

お知らせ

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

F.O.R.M.S swim CL Instagram

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

メディア掲載

 

京都と人を繋ぐ秘密基地レンタルスペース運営

 

パーソナルトレーニング詳細ページ

 

 

こちらのクリニックでもトレーナーをしています

 

オリジナルのハンドメイドブランド

 




僕は5G嫌やで

 

愛用のケア用品