取り組んだ練習に体は適応する

長距離の練習に取り組めば長距離に適した体に。短距離なら短距離に。取り組んだ内容に対して体は適応します。50mが速くなりたいのに、200mの練習ばかりしていても限界があります。スプリンターならスプリント練習をしてください。これだけは絶対に譲れません。

 

フィットネスクラブやその辺のプールに定期的に泳ぎに行っていると、「顔馴染み」の方ができてきます。

定期的に会うので、会話をしているうちに、自分のお仕事が明らかになります。

中にはマスターズなどで試合に出場を続けている方もおりまして、

「どんな練習をすればいいの?」みたいなことを聞かれることがあります。

 

あくまでも自分のトレーニング、レッスンは技術的なところ、体の動き的なところが先なので、

体の適応に関してはあまり前面には出していませんが、たまには言及せねばなりませんね。

 

取り組んだ練習・トレーニング内容に体は適応する

お仕事ではなく、プライベートなので、「仲良し度」に合わせて回答をしています。

なので、たま〜に会うだけの人にはそこそこの浅〜い回答を、

頻繁に会って、かなり仲良くなっている人には深〜い回答を(笑)

 

でも、いずれにせよ

「どんな練習をすれば良い?」

と問われるわけですから、まずどんな種目に出るかを聞きます。

スプリンターなのか、ロングスイマーなのか。

両方出ているのか。

どれくらい本気なのか。

何に問題を抱えているのか。

 

「50mのベストが出ない」と悩まれてる方が、

ずーっと長い距離をゆっくり泳がれているのを見ると、

「ああ、、そりゃベストで無いですよね」ってなる。

 

取り組んだ練習内容に体は適応します。

スプリントの力を上げたいなら、スプリントの練習が必要。

試合で100%の力を50mの間に出し切りたいなら、その練習が必要。

反対に、400mに強くなりたいならスピードの底上げはもちろんのこと、持久力を向上させるために、

多くの量を泳ぎこむことも必要になります。

 

適応というのは、スポーツ科学があとか、筋肉があ心臓があってのはもちろんですが、

その根底として、「生物としての適応」という考え方をします。

 

生物は「環境」に適応します。

自分が今いる環境に最適な状態に心身の状態を持っていきます。

これは良くも悪くも作用します。

ずーっと運動しない状態でいると、「運動しなくていい環境」なので、冗談抜きで歩けなくなります。

筋肉がとか循環がとか分解すれば色々と変化はありますが。

 

これを応用するのがスポーツの練習、トレーニング。

「短距離で力を出し切らないといけない環境」

「長い距離を一定のペースで泳ぎ続けないといけない環境」

そう言った環境を作り上げるのが練習です。

 

最近は効率の良い練習方法なども明らかになってきてはいますが、

練習の厳しいチームに行くと、ある程度実力が着くのは、やはり環境への適応があるから。

厳しい環境ほど、より大きな適応が求められるからです。

 

ただし、体が壊れてしまうとか、精神が持たないとか、

一人ひとりの中で、影響しあっている要素は複数ありますので、一概には何も言えません。

 

体力的な適応とフォーム作り

今回のブログの結論として行っておきたいのは、何よりも「環境」を作るということですね。

極論を言いますよ、

200mでベストを出したいなら、200mのレースでかかる負荷を体に与えます。

200mをレースペースで泳ぐ練習、50ごとに区切ってペースを保つ練習。

スピードも必要と感じるなら、短い距離のダッシュも入れる。

後半には持久力が必要だなと思うなら、ATの練習も入れる。

って感じ。

 

まあ、これは比較的体力面での適応。

 

加えて、落ち着いてフォームを確認できる練習が欲しいかな。

一生懸命泳ぐばかりだと、どうしてもフォームを崩してしまう時があるので。

 

本気度

そんなにあれこれできない!

と言われそう。

めっちゃわかる。

もうそこは各人の本気度だと思う。

本気度が高いと、自主練にも余念が無いだろうし、学校や仕事で遅い時間になっても練習すると思う。

 

え?

僕ですか?笑

自分の競技に対する目標は特に無いので程々にしかやりません、、、、笑

けど、お仕事のことに関しては高いモチベーションを持っているので、朝早く起きたり、夜遅くまでやったりできます。

自分がお仕事に関して没頭できるからこそ、誰かの泳ぎなり健康なりが次のステップに進めると思っています。

 

そんなもんでしょ(笑)

お知らせ

公式LINE!

名前をクリックでレビューがご覧になれます。

F.O.R.M.S swim CL Instagram

レッスンでの取り組み姿勢 レッスンでの取り組み姿勢2

Links

こちらのクリニックでトレーナーをしています

オリジナルのハンドメイドブランド




僕は5G嫌やで

 

愛用のケア用品