何をしてもあなたが痩せないのにはちゃんと理由がある

いくら運動をしても食事に気を付けても痩せない人にはちゃんと理由があります。もう無理だと諦めないでください。痩せなくてつらくていっぱいいっぱいという方は一度心と体を休めてください。休みながら少しダイエットのお勉強をして、元気と知識がついたらリベンジです!

 

痩せない、つらいと嘆く前に

子どもの時に初めから自転車に乗れなかったように、ダイエットもいきなり上手くいきません。闇雲にやるのではなく、基本的な方法や考え方を身に付けてロジカルに遂行することで初めて成功への近道が開けてきます。痩せないと嘆く前に、痩せない理由を知り、そこから正しい方法を学んでいきましょう。

 

 

痩せるための具体的な食事管理はこちら

 

痩せない理由は基本的に男も女も同じ

痩せない理由を調べていると

 

女子が痩せないのは○○○が原因!

 

とか

 

痩せない男子は○○○○に理由があった!

 

なんてのをよく目にします….が….

 

 

愚問!!!笑

 

 

痩せない理由に男だから女だからっていう性別による違いはありません。男でも女でも痩せない理由の根本は同じです。もちろん何らかの病気など特殊な場合には例外ですが、そうでない限りは男性も女性も痩せない理由とすべきことは同じです。

 

 

女性と男性ではホルモン状態や体のつくりが違うと言われます。でも、そこに痩せない理由はありません。確かに女性は生まれつき男性より必要な脂肪が多いので、男子ほどバキバキにはなれません。女性で体脂肪率1ケタなんて至難の技ですし、正直不健康の域です。

 

 

でもそこまで行きたい人ってほとんどいないですよね?少しぽっちゃりしていたり、お腹が気になったり、肥満気味の今の体を何とかスリムにしたいって方がほとんど。その場合には男性も女性も痩せない理由と解決策は同じです。

 

痩せない理由①ダイエットを甘く見ている

痩せない人の多くがダイエットを甘く見ています。もちろん精いっぱい頑張っていると思います。それは素晴らしいことですが、何が甘いかと言うと….

 

 

ただ頑張れば痩せると思っているところです。

 

 

間違った努力ではいつまでたっても成功しません。ありったけのエネルギーで失敗への道を爆走していると思ってください。以下に挙げるような心構えでダイエットをしていませんか?心当たりがある人はすぐに努力の矛先を正しい方へ向けましょう。

痩せるメカニズムを理解していない

そもそもどうやって痩せるかをちゃんと理解していますか?痩せる、すなわち脂肪が燃焼されるにはどうすべきかをまずは正しく知る必要があります。トレーナーをつけて運動プログラムや食事メニューを完全管理してもらうのであれば、こういった知識はなくとも言われた通りにすれば痩せますが、自力でダイエットを成功させるには最低限の知識は必要です。

 

 

・ただ大量の汗をかいても脱水になるだけで痩せません。

 

・脂肪が筋肉になるというのはあり得ません。宇宙の理に反しています。

 

・食べた量以上に運動すれば体重は減ります。もし毎日フルマラソンをしてもフードファイター並みに食べれば太るか痩せないでしょう。

 

・筋肉を1kg増やしても基礎代謝は15kcalしか上がりませんし、1kg増やすのは結構大変。

 

・1時間ぶっ通しでジョギングしても400~500kcalくらいしか消費されません。

 

 

1例ですがこういったことをある程度分かっているかどうかで全然違います。

短期間で結果が出ると思っている

1週間や2週間といった短期間で大きな成果が出ると思っていませんか?ダイエットには1ヶ月でも短いくらいです。1週間や2週間で5kgも10kgも太ったわけじゃないと思います。数か月、数年かけてじわじわ脂肪がついてきたはずです。それを痩せる時だけ短期間だなんて甘い話はありませんし、人の体はそんなふうにできておりません。

 

 

脂肪を1kg落とすには7000kcalの消費が必要です。

 

ごく普通の人が1日に摂取するカロリーは男性で2000~2500kcal前後。消費カロリーもそれと同じくらいです。ここに運動を加えて、食事量を減らして消費と摂取の差を500kcal作ったとします。単純計算で7000÷500=14日で1kg痩せます。もちろん実際はもう少し落ちると思いますが。そんなもんです。1日に1000kcalも2000kcalも差が出るように運動と食事をするなんてきつすぎて到底無理です。

 

 

もし仮に短期間で大幅に体重が落とすことに成功しても、それって続かないですよね。反動でリバウンドしますし、体も壊します。ダイエットとは、今までの生活週間を改め健康的な習慣作りをすることです。健康面に問題なく1ヶ月で3kgそこそこ痩せることができれば大成功です。体への負担もなく、継続していけば3か月で10kg近く落ちます。もちろんダイエットが進むにつれて落ち幅が小さくなりますがだいたいそれくらいです。月1kgでも問題ありません。それが継続できる方法であれば時間がかかっても無理なく痩せます。

 

 

8月に海やプールで自信をもって水着になりたいなら、梅雨からじゃ遅いですね。だいたい10kg落とさなきゃいけないなら4月くらいでしょうか。入学式や入社式、新しい新人が入ってきたらそろそろ本気になりましょう。もっとゆっくり痩せたいならチョコがおいしいバレンタインにも油断せずコツコツ始めましょう。

 

付け焼刃な方法で痩せると思っている

テレビや雑誌で見た方法をとりあえずやってみたり、○○だけダイエットに手を付けてみたり、突然断食したり….これじゃ痩せません。よくダイエット食品の通販番組で画面の下の方に「適切な運動と食事を指導のもと行いました」ってめちゃめちゃ小さく書いているのですが、すべての答えはここに詰まっています。

 

 

付け焼刃ではなく、適切な運動と食事をある程度プランを立てて行わないと痩せません。ダイエットに良いという食品や方法を試しても食事と運動の管理ができてないと痩せないんです。断食や突然過度な運動といった付け焼刃な方法も3日と持ちません。一瞬体重が減ってもすぐもとに戻りますし一瞬で体重だけ落ちても見た目に変化はほとんど出ないでしょう。

 

 

 

こういった心構えでダイエットをしていませんか?もしグサッときたのなら….改善を!

痩せない理由②運動や食事に気をつけたつもりだと、つらいだけで痩せない

食事に気をつけている!!運動もしている!!!なのに痩せない!!!という方….

 

 

本当の意味で気をつけることができていますか???

 

 

気をつけている「つもり」ではなかなか痩せません。具体的に何をどれだけ食べるのか。どんな運動をするのか。具体的なプランが無いままでは気をつけているつもり状態です。この状態だと、いざ実際の食事をモニタリングすると、「自分が思っているより食べている」、「運動量が全然足りない」なんてことも。決めた期間内に痩せたければ、一日に何キロカロリー食べるのか、どんな運動をどれだけの量と強度で行うのか、そういった所を具体的に数字にすべきです。

 

 

他にも食事と運動に気をつけているつもりの人が陥りがちな状態は以下の通り。

食事も運動も何かと過度

先にも言いましたが、断食や過度な食事制限、突然猛烈な運動量をこなしたりしていませんか?こういった方法は長続きしません。頑張っても数日で限界。反動でたくさん食べてもとに戻る、つらくてダイエット終了ってオチ。

 

 

食事制限をきつくしすぎると身体は

 

「やばい。今とても食べ物の少ない環境にいる。できるだけエネルギーを消費しないでおこう」

 

 

と、無駄に省エネになろうとしますし、脂肪の燃焼もしにくいようになります。だって食料ないのにガンガン脂肪燃焼したらエネルギー切れで死にますから。そして、そんな飢餓状態から久しぶりに十分な量の食料にありつけたら….めっちゃ吸収率高いです。

 

 

キャパオーバーな運動も、続きませんよね。ただでさえ食事をある程度抑えているのに。結局今日たーくさん動いても、疲れて次の日から全く動かなかったら全然意味なしです。食事も運動も極端になると体調や精神面を壊すだけで、長続きしないケースがほとんどです。

 

ダイエットに良い食品を食べすぎて逆に太る

ダイエットに効果的な食品はあります。だからって食べ過ぎると太ります。だってカロリーがあるんですもの。例えば、ヨーグルトやフルーツはよくダイエットに効果的と言われます。確かに優秀な食材でしょう。でも、一日に食べて良いカロリーの範囲を超えてまでそういったもの食べると太ります。

 

 

1日に2000kcalまで食べて良いと設定したのなら、その中でおさめましょう。食事の基本は量と質です。決められた量の中で質を上げるためにそういった食品を選ぶという心構えが大切です。

 

食事制限ではなく「管理」をしよう

ダイエットにおいて食事は「制限」するものではなく「管理」するものです。○○はダメ、してはいけないというように「制限・禁止」すると続きません。帳尻が合うように管理します。たまにはお菓子だって食べて良いんです。その代わり、1日の帳尻が合うように朝から寝るまでのどこかで調節しましょう。

 

 

・間食はダメではなく、間食をしたから晩御飯はその分減らす、カロリーの低いものに置き換える。

・ストレスの溜まらない範囲で好きなものを食べる。ただし1日のカロリーと質が合うように調節する。

 

 

こういった考え方が必要です。嫌なこと、つらいことは長続きしません。制限や禁止は過度なダイエットにもつながります。ダイエットで失敗する人の多くが食事に難ありです。でもダイエットの90%は食事管理です。我慢することを頑張るのではなく、ストレスをためずに継続できる落としどころを見つける努力をしましょう。

 

痩せない理由③食事や運動以外に問題がある

食事や運動を完璧にしているのに痩せないという場合には、他のライフスタイルに問題がある可能性が高いです。

 

極端に動かない生活

極端に動かない生活と言うのは、生活での何気ない活動がとても少ないことを言います。移動で歩くことや、家事、仕事での作業が極端に少ないといくら毎日ジムに行ってもジョギングをしてもトータルの運動量は大したことありません。

 

 

・通勤や通学でほとんど歩かない人

・家事をほとんどしない人

・デスクワークで1日のほとんどを座って終える人

 

 

こういった人は通勤通学で歩く距離を増やしたり、家事を積極的にこなす、元気な時は階段を使うなどして運動量を稼いでください。せっかく食事がきちんとしていても、普段動かなすぎだとカロリーの収支が摂取に傾いてしまいす。

 

睡眠の習慣が悪い

睡眠も重要です。これはもはやダイエットという域を超えて健康に過ごすためにも大切なことです。睡眠がしっかりできていないと心身共に疲労が溜まり、ダイエットどころではありません。あまりに酷い場合は専門医の受診をおすすめします。

 

・寝付けない、夜中に何度も目が覚める

・毎日寝る時間と起きる時間がバラバラ

・睡眠時間が短い(6時間に満たない。もしくは疲労が取れない)

・日中に強烈な眠気で生活に支障

 

 

このような人は睡眠の質が良くなるような対策をおこなってください。就寝時間を一定にする、寝具を変えるなどなど。ちなみに日中運動することも睡眠に良いらしいです。他にも睡眠を助けてくれるサプリメントはたくさん販売されているので試してみるのも良いかもしれません。

アミノ酸の一種で睡眠を助けてくれるGABAが入っているサプリメントなんかが代表的ですね。

 

過度のストレス

過度のストレスもダイエットの邪魔ものです。ストレスを受けることで身体のあらゆる器官や機能が低下します。ストレスは万病の元と言っても過言ではありません。ダイエットそのものがストレスになる人も多くありません。できるだけダイエット以外のストレスを軽減したり、ダイエットの中に楽しみを見いだせるようにするなどの対策が必要です。

 

 

運動はストレスにも効果的と言われています。ストレス解消とダイエット目的で運動を始めてみるのも良いでしょう。逆に運動が嫌いでストレスになる人は無理に運動をせず、食事管理だけでもダイエットはできるので、そちらにシフトしてもOKです。

 

痩せない理由④体重計の数字に一喜一憂されすぎている

ダイエットをする人はやっぱり体重計の数字が気になりますよね。でも、体重の数字に一喜一憂しているとダイエットは上手くいきません。

 

特に1日や2日の体重変動で動揺する人は要注意です。

 

 

「昨日より500g増えてる!」

「昨日あんなに運動したのに全然減ってない!」

 

 

そんな日もあります。人間の体は複雑です。脂肪の量以外にも体内の水分の量やお通じの具合、そういったもので1日で1kgくらい平気で変動します。体重では何が減った・増えたか判断できません。1ヶ月、2ヶ月と長期的に見て体重が落ちていれば問題ありません。昨日より500g増えていても、先月より2kg減っていれば問題なしです。

 

 

もう1つ重要なのは…

 

 

減らしたいのは体重じゃなくて脂肪!!!

 

 

ということ。体重だけでなく体脂肪率や見た目での判断も重要。毎日同じ時間に体脂肪率を測る、鏡で自分の体を見るということが大切です。体重に変化が無くても、体脂肪率が低くなって見た目もスッキリしてきたのであればダイエットに成功しています。特に筋トレの初心者では緩やかに脂肪がなくなりつつ筋肉がつくということもあるみたいです。

 

簡単に痩せないと言われる40代以降もダイエットの基本は同じ

40代を超えると「若い時みたいに痩せない….。」、「何もしてなくても太る」って声をよく聞きます。確かにそうかもしれません。

 

 

女性だと更年期がありますし、男女ともに仕事では大変な役職の方も多いことでしょう。ストレスでダイエットどころじゃない、子供の世話で忙しい、時間がない。筋肉も衰えてくるので若い時のように運動できない….。食べる量は増えてないのになぜだか太る。

 

 

などなど、様々な理由が考えられるかもしれません。でも、40代以降で痩せない根本の理由は別にあります。それは….

 

 

結局食事と運動が適切じゃないから   です。

 

 

年を取ってきてあらゆる機能が衰えてきますので、若い時と同じようにしていても痩せないかもしれません。じゃあ痩せないのに若い時の感覚でいるってどうよ….ってなりません?

 

 

若い時と同じ感覚でいるから

 

 

これも40代で痩せない人の原因です。筋肉が衰えている、代謝が落ちている、若い時みたいに運動すると関節が痛い….

 

 

じゃあ今できる範囲・今の年齢に適切な計算でやってみませんか?

 

 

若い時みたいに無茶はできません。過酷な方法で一瞬で体重を減らそうと思ってもできません。もしかすると若い時は無茶が効いていたから痩せやすかっただけではないでしょうか?

 

 

まずはどれだけ食べたら体重が増えて、どこまでならキープできるのか。今の状態を知ることから始めましょう。痩せるためにすべき食事と運動の量は若い時とは全然違うでしょう。これから50代、60代になっていくにつれ健康的な食事と運動の習慣を持つことはダイエット以外にも大きなメリットがあります。是非チャレンジしてみてください。

 

具体的な食事と運動の方法はこちらの記事にまとめてあります。

 

まとめ

痩せない理由について書きましたがいかがだったでしょうか?いろいろ事情があると思いますが、結局は食事と運動、そして心構えです。簡単に楽に痩せれるとは思わないでください。今まで甘えた分、自分を変えるにはそれなりの努力が必要です。そしてその努力とは、無理をする・間違ったことを頑張る努力ではなく知識をつけて日々継続する努力です。努力の方向性を間違えなければダイエットは必ず成功します!

 

 

ダイエットをされる皆さんの成功を心から願っております。

 

 

Yusan
記事に関して何かご質問がある場合はこちらまで。 
スポンサードリンク
最近の記事 おすすめ記事

スポンサードリンク